2019 root(るーと)冬期集中授業のご案内 | 個別指導教室root(るーと)
2019年 11月 21日 木曜日

2019 root(るーと)冬期集中授業のご案内

0606_ルート_夏期講習A4チラシ_omote1115_root_2019夏期講習A4チラシ_ura

 

 

root(るーと)には、現在小学3年生から中学3年生までの生徒が通っています。

 小学1年生のときには、 10分間じっと座っていられなかった生徒も3年生になり、60分間熱心に取り組んでいます。また、小学4年生からの受験コースや本コースでは、複数の生徒が「算数・数学思考力検定」(iMl国際算数・数学能力検定協会主催)の問題にも必死に挑戦してくれています。また、目前に中学受験が迫った小学6年生の生徒は、1問1問をどのような解法が一番ふさわしいか想定しながら解き続けています。

 

 一方、中学生は、今週からの期末テストに向けて、復習の真っ最中。個別授業では、重要事項や知識の確認から始まり、分からない単元を何回も繰り返して分かるようになってもらいます。それでも、できないところは居残りで勉強!この繰り返しから、やがて勉強の仕方とコツを身に着けていきます。

担当の先生は、「中学生低学年は、少々口やかましく言ってちょうどぐらい」と言っていますが、それでも生徒たちは楽しんで勉強してくれています。

                                         

 さて、高校入試もいよいよ本番。中学3年生も志望校が決まりつつあります。春から志望校別に小クラスを編成して、『五ツ木書房』などの志望校判定テストの各模試の結果と合わせて、今後の学習の指針を伝えています。入試までまだまだ時間はありますが、自己を見つめると、それだけ自分自身の不足や不安を感じがちです。けれども、私たちと一緒に挑戦し続けることで、それらを自信へと変えていただけるはずです。そして、大きな夢を勝ち取って欲しいと思います。

 

 そのような教室の風景とは一変して、自習室では、授業より少し早めに来た生徒たちが、「ルート文庫」の読書を楽しんだり、学校の宿題をしたりと自らが目標を持ってルートでの時間を過ごしてくれています。もちろん質問をしに来る生徒もいます。授業時間になれば、いつもの先生との対面授業の始まりです。

「〇〇さん、分からないところなかった? 大丈夫です。 そう、頑張ったね。じゃあ、始めようか。 はい。」

 

 このように個別指導教室 root(るーと)では全員が頑張っています。この時期にこそ、勉強に対して、正しい姿勢を身に着けていただきたいと考えます。そして、新学期・新学年には、いいスタートを切って欲しいと思います。

私は「地域密着」という言葉をよく使います。なぜなら、「家に近い」という意味ではもちろん、「生徒との連携の深さ」「生徒との繋がりや信頼関係の強さ」そして「成績をUPさせ、ひいてはご家族の期待にも応えられる」という意味でも身近な存在でありたいからです。「生徒をよく見て、子どもたちの学習状況をよく知っている」からこそ可能だと思っています。

 

『2019 個別指導教室 root(るーと) 冬期集中授業』を上記の通りご案内申し上げます。『無料体験授業』も随時受け付けています。ご不明な点等どうぞお気軽にお尋ねください。この冬休み、みなさんとお会いできること楽しみにしています。

個別指導教室 root(るーと)

塾長 中野 勝也